教育環境も充実。東京都内で時間の延長が可能な学童保育所

共働きをしているご夫婦にとって、お子様の放課後の対応については頭を悩ませる課題です。小学校の授業の終了時刻は早く、特に低学年であれば5時間目までの授業が多いため、早ければ14時台には帰宅するということとなります。 放課後におけるお子様の居場所を確保するために、保護者の方のどちらかがお仕事をお休みしたり、時短勤務としたりするケースもありますが、しっかりフルタイムで働き収入を確保したいというご希望も少なくありません。また、お子様の将来のため、放課後には高レベルの教育を受けさせたいと考えている保護者の方もいらっしゃることでしょう。 そのために学童保育所選びも大切です。公立小学校の校内や近隣にある施設でも良いのですが、やはり学習面でのサポートを考えると教育関連企業が運営するスクールがベストです。

東京圏では中学受験希望者の割合が高く低学年期からの教育が重要

小学校低学年のお子様にとっては、まずは基本的な生活習慣と学習に向き合う姿勢をしっかりと見に付けていくことが重要です。そして学習に集中できる環境の中で、一歩先をゆく段階のハイレベルな教材で思考力と判断力を養い、正確で素早い情報処理能力を身につけることによって、その先の段階への移行がスムーズとなります。 中学校受験を突破するための基礎的な学力の底上げは、低学年の段階においての基礎基本の定着が不可欠であり、放課後の時間の多くを過ごす学童保育所やそこに併設されている学習塾で能力の磨き上げを行うことが効果的です。 東京には多くの優秀な私立中学がありますので、受験突破を視野に入れて、学習の価値を低学年期からお子様に意識づけしていくことがたいへん効果的であるといえるでしょう。

お仕事の忙しい保護者の方も安心な受け入れ時間帯

ご両親にとって、学童保育所を選択する基準として重要なのが受け入れ体制とセキュリティに関する項目です。教育関連企業が運営するスクールでは、忙しい保護者の方でも安心してお子様を預けられるようにと、21時までの時間延長を可能としています。ご希望に応じて、お子様への夕食の提供もありますので、より安心感を得ることができるでしょう。 またセキュリティに関しても最新のシステムを運用し、お子様の安全をしっかりと守ることを第一としています。入退室をスマートフォンや携帯電話で確認することのできるサービス、安全性に配慮した入室室管理システム、完全個別の送迎サービスなど、高品質なセーフティーを提供していることが特徴です。放課後や長期休業期間のお子様に、より安全で充実した教育を実施しましょう。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

東京で子供を学童保育に預ける金額

保育所問題で待機児童が問題になっていますが、実は保育所で問題になっていると同時に学童保育においても待機児童は問題になっています。子供が小さい間は働かずに家庭で家事や育児を集中して行ってきたお母さん方も...

学童保育の東京での選び方

東京にはいろいろな学童保育があるので、選ぶときに迷う方もいるでしょう。選び方の確実な方法はありません。しかし、どこに行くか決める時のポイントはいくつかあります。まず、開所している時間をチェックしましょ...